Home

 

對間昌宏|Masahiro Taima 博士(工学)

 

専門

建築計画(自動設計・建築物配置最適化・建築デザイン)・都市計画(自動運転・地域愛着・人口移動)・データ解析(地理データ・心理データ・各種国勢調査データ)

 

目標

建築・建設領域を中心として、新しい知識の獲得や技術の開発と、新しい産業の創出や成長のシナジーを通じて、日本及び世界の豊かな社会の実現に貢献したいです

 

職歴

2020 慶應義塾大学大学院理工学研究科先端科学技術研究センター特任助教・慶應義塾大学大学院政策メディア研究科特任助教(兼任)

2019 独立行政法人日本学術振興会特別研究員・千葉大学非常勤講師

 

学歴

2020 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻博士課程修了(工学系研究科副代表)・未来社会空間の創生国際卓越大学院修了

2019 ロンドン大学バークベック校客員研究員

2017 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻修士課程修了

2015 宇都宮大学工学部建設学科卒業

2010 東京都立両国高校卒業(美大受験を失敗し1浪)

 

受賞歴

2019 日本都市計画学会優秀論文賞

2019 GIS学会ポスターセッション賞

 

業績(査読付原著論文)

・Taima, M., & Asami, Y. (2020). Determinants and policies of native metropolitan young workers’ migration toward non-metropolitan areas in Japan. Cities, 102, doi.org/10.1016/j.cities.2020.102733.

・Taima, M. & Asami, Y. (2019) Personal and regional determinants of out-migration from metropolitan areas in Japan. Review of Urban & Regional Development Studies, in press.

・Taima, M., Asami, Y. & Ishikawa, T. (2019) Relationships among psychological scales of various concepts related to place attachment. MERA Journal, in press.

・小池束紗・貞廣幸雄・對間昌宏 (2019) 東京都区部における建物名称に用いられる地名の滲出現象. GIS -理論と応用-,27(1), pp.25-31.

・宮川大輝・浅見泰司・樋野公宏・對間昌宏・薄井宏行,(2018)「東京都区部における建物更新の起こりやすさと住環境」,『都市計画論文集』,53(3).

・Taima, M.& Asami, Y.(2018) Estimation of Average Place Attachment Level in a Region of Japan. GeoJournal. First Published in September. DOI: 10.1007/s10708-018-9927-7

・竹内啓・對間昌宏・城所哲夫・瀬田史彦(2018)「特許データを用いた日本における技術的イノベーションの空間分析に関する研究 – セクター・イノベーションシステムに着目して -」,『都市計画論文集』,53(2),53(2), pp.172-178

・Taima, M., Asami, Y., Hino, K., (2017) “The relation between block size and building shape” Environment and Planning B: Urban Analytics and City Science, First Published in April 7, DOI: 10.1177/2399808317702897

・對間昌宏・浅見泰司・樋野公宏・森岡渉 (2016),東京都心商業地域における街区内の建蔽部分の規定要因とその推定, GIS -理論と応用,24(2),pp.85-96

・Taima, M., Asami, Y. and Hino, K. (2016) “Influential factors of building footprint location and prediction of office shape in city blocks in Tokyo’s commercial zones”, Proceedings of 17th International Symposium on Spatial Data Handling, Beijing, China, August 2016

 

業績(国際会議論文・国内学会論文)

・Taima, M., Asami,“Determinants of Out-migration from Metropolitan Areas in Japan”,『The 3rd Conference on Urban Planning & Sustainable Cities』,Hiroshima,Japan,April 2018.

・Taima, M., Asami, Y., Ishikawa, T., “Emotional Bonds Between People and Place: a Review and Analysis of the Scales”, 19th International Conference on Environmental Psychology,Amsterdam,The Netherlands,May 2017

・對間昌宏・野中尚輝・竹内啓・鎌野智樹・中間雅之・小池束紗 (2017), “インテンシティの定量化による日本サッカーにおける戦術及び練習方針の改善”, 情報処理学会第79回全国大会、4E-03、名古屋、2017年3月

・Taima, M., Asami, Y., Hino, K., “Influential factors of building footprint location and prediction of office shape in a city block in tokyo’s commercial zones”, 17th International Symposium on Spatial Data Handling, Beijing, China, August 2016

・對間昌宏・浅見泰司・樋野公宏 (2016),街区内の建物の配置の規定要因, Discussion Paper,東京大学空間情報科学研究センター,143,pp.1-17

・對間昌宏・阪田和哉 (2015),東北地方への観光における震災後の再来訪意向に対する環境質の寄与に関する研究, 都市計画報告集,No.14,pp.164-167

 

国際学術論文査読歴

・Environment and Planning B: Urban Analytics and City Science (ISSN: 2399-8083)

・Sustainability (ISSN 2071-1050)

 

趣味

運動・観光

130km/hくらいは投げられます。

 

 

連絡先

慶應義塾大学K2タウンキャンパスk棟104号室

taima(*)keio.jp *は@に変更